自宅におすすめのローイングマシンと選ぶ際に抑えるべきポイント

ローイングマシン1つあれば有酸素運動を行いながら全身の筋肉を満遍なく鍛えられます。
やり方も簡単であるため、初心者から上級者までオススメできる筋トレマシンの1つです。
ただ、ローイングマシンには多くの種類があり、それぞれの特徴を抑えて購入しなければ想像していたトレーニングができない、ということもあり得ます。
本記事ではローイングマシンの購入を検討している方に向けて、おすすめのローイングマシンや選び方を中心に解説していきます。
それぞれの特徴を押さえて、自分にぴったりのローイングマシンを購入しトレーニングを行いましょう。

ローイングマシンとは


ローイングマシンは、座面に腰掛け両足を足パッドに置き、ボートを漕ぐような動きをするトレーニングマシンです。
膝を屈曲させワイヤーにつながったバーを握り、腕をお腹付近に引き寄せる運動をします。
背中・足・腕・お尻・体幹・腕など全身を使うため、筋トレしながら有酸素運動ができる優れものです。
クロスフィットトレーナー・モデルで有名なAYAさんもトレーニングプログラムにローイングマシンを取り入れるほど、高い脂肪燃焼効果を期待できます。

https://www.tv-asahi.co.jp/beautv_2022/onair/0003/

【必見】ローイングマシンを選ぶ際に見るべきポイント

ローイングマシンの種類

ローイングマシンは4種類あります。
それぞれの特徴を理解し、自分にぴったりのローイングマシンを選びましょう。

油圧式

1つ目が油圧式タイプのローイングマシンです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MFYZRDK/?tag=picup-a3105-22

マシンに搭載されたダイヤルを回すと負荷を細かく調整できるため、運動レベルに合わせてトレーニングに取り組めます。
機能がシンプルであるため、初心者におすすめです。

磁気抵抗式(マグネット式)

2つ目がマグネット式です。

https://store.ponparemall.com/rcmd/goods/xq-dk-7107a/

磁気抵抗によるブレーキシステムが搭載されており、マシン内の摩擦が少なく静音性に優れていることが特徴です。
他の3種類と比べてサイズが大きいことや料金設定が高めであることに注意しましょう。

フライホイール式

3つ目がフライホイール式です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E6%BC%95%E3%81%8E%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%80%90%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E9%80%A3%E5%8B%95%E3%80%91%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-16%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E8%AA%BF%E7%AF%80-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E6%BC%95%E3%81%8E%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%99%A8%E5%85%B7/dp/B0B1CXZJ53

フライホイール式は空気抵抗を用いて動作を行うため、水の抵抗を受けているかのようなトレーニングをすることができます。
東海大学柔道部やラグビー日本代表、さらにはボート・ヨットのソフトバンク・チーム・ジャパンなどのプロもローイングマシンではフライホイール式を採用しています。
また、本格的なトレーニングができる分、トレーニング音が大きいことを頭に入れておきましょう。

水圧式

4つ目が水圧式です。

https://item.rakuten.co.jp/bungudo/7190588/

実際に水を用いてトレーニングします。
タンクの中の水を漕ぐ動きをすることで、ボートを漕ぐ際に必要な筋力、体力、体幹、更にはバランス感覚まで身につけられます。
水を使ってトレーニングするため、トレーニング中は水が溢れ出ないように工夫をすることや水が出ても問題ないようにマットを引くなど対策を講じましょう。

モニターがついているか

ローイングマシンにはモニターが付いているタイプもあります。

https://www.rakunew.com/items/80848

マシン正面にモニターが搭載されており、トレーニングしながらテレビや映像を見ることができます。
また、高性能なローイングマシンのモニターにはダイエットプログラムが付いているものもあり、ワークアウト時間や消費カロリーを確認することも可能です。

スマホと連動しているか

スマホ専用アプリとローイングマシンが連動できるかは、効率的にトレーニングするための鍵です。
ローイングマシンのトレーニング時間、距離、回数、カロリーをアプリで管理することで日々のトレーニングの変化を確認することができます。
モチベーションを維持しながらトレーニングできるとされています。

サイズ

ローイングマシンのサイズはトレーニングマシンの中でも大型で幅91cm×長129cm×高さ50cmとされています。
トレーニングスペースとマシンのサイズによっては1台置いてしまうと他のマシンが置けないということになりかねません。
もし、他のマシンも置きたければメーカーのHPでマシンのサイズを確認するのはもちろん、メジャーで部屋のサイズを測ることをおすすめします。

折りたためるか

ローイングマシンには、なんと折りたためるタイプがあるのです。

https://item.rakuten.co.jp/tels/10065548/

サイズをコンパクトにできるため、トレーニング使用時以外は部屋の壁に立てかけることやベットの下に収納できます。
部屋のスペースが取れない人や圧迫感なくトレーニングしたい人にうってつけです。

重量

一般的なローイングマシンの重量は20-40kgです。
組み立てやマシンの移動に手間をかけないためにも、なるべく軽い重量のローイングマシンを選ぶようにしましょう。

【タイプ別】オススメのローイングマシン

油圧式

まず初めに油圧式でおすすめのローイングマシンを紹介します。

iROTEC

https://www.super-sports.jp/

iROTECはパワーラックやスミスマシンなど幅広くトレーニングマシンを販売しているメーカーです。
吊り輪トレーニング器具を扱っているなど、自宅でも筋肉を追い込めるマシンを取り揃えています。
iROTECでおすすめのローイングマシンは「ローイングマシン RM201H」です。

https://www.super-sports.jp/shopdetail/000000000455/
iROTEC(アイロテック)のローイングマシンの特徴
・フットプレートは固定ストラップ付き
・カウンターコンピューター搭載

ローイングマシン RM201Hはフットプレートに固定ストラップがついているため、足を踏ん張りながらトレーニングを行えます。
また、足パッド付近にはカウンターコンピューターを搭載。
トレーニング時間や回数をモニターで確認しながらワークアウトすることができます。

ALINCO(アルインコ)

https://www.alinco.co.jp/

ALINCOはホームジム向けのマシンを中心に販売しているメーカーです。
取り扱っている商品はトレッドミルやフィットネスバイクなど、初心者でも取り組みやすいマシンを販売しています。
ALINCOでおすすめのローイングマシンは「ローイングマシン FA2000A」です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E6%BC%95%E3%81%8E%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-12%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E8%AA%BF%E7%AF%80-%E7%9C%81%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%81%8B%E5%8B%95-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E4%BB%95%E6%A7%98-%E6%9C%89%E9%85%B8%E7%B4%A0%E9%81%8B%E5%8B%95-FA2000A/dp/B08FRFFTG8
ALINCO(アルインコ)のローイングマシンの特徴
・強度は12段階調節できる
・世界基準の品質保証

ローイングマシン FA2000Aは強度が12段階調整でき、初心者は強度1-4を、中級者は5-8を、上級者は9-12を選ぶよう設定されています。
加えて、ローイングマシン FA2000Aは徹底された世界基準の管理下で作られているので、その品質は世界保証です。
長期にわたってローイングマシンを使用したい人にオススメです。

マグネット式

続いてマグネット式でおすすめのローイングマシンを紹介します。

大広(ダイコー)

http://www.daikou-dk.com/index.php

大広はルームランナー・フィットネスバイク・クロストレーナーを中心としたホームジムマシンを製造から販売まで行っている会社です。
国内に製造工場があるため、トレーニングマシンを安心して使用することができます。
大広でおすすめのローイングマシンは「DK-7107A 家庭用ローイングマシン」です。

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%BA%83-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E6%89%8B%E5%8B%958%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E8%B2%A0%E8%8D%B7-%E3%80%90%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E6%9C%9F%E9%96%931%E5%B9%B4%E3%80%91-DK-7107A/dp/B07BG5T3HS
大広(ダイコー)のローイングマシンの特徴
・折りたたみ可能
・連続使用時間は60分

DK-7107A 家庭用ローイングマシンの最大の特徴は折り畳みが可能であること。
キャスター付きであるため、収納から移動まで簡単に取り組めます。
また、最大連続使用時間は60分と長時間にわたってトレーニングに励むことができます。

Horizon(ホライズン)

https://johnsonjapan.com/94053

Horizonはジョンソンヘルステックジャパンが運営する家庭用マシンブランドです。
全ての商品に1年間の無料保証が付いており、販売各国でマシンを自社管理しているため、日本のみならず世界中でHorizonのマシンはシェアされています。
世界でも人気のHorizonでおすすめのローイングマシンは「家庭用ホライズン ローアー OXFORD 6」です。

https://johnsonjapan.com/94053
Horizon(ホライズン)のローイングマシンの特徴
・12の運動プログラムが用意
・スマホアプリと連動可能

家庭用ホライズン ローアー OXFORD 6は最先端の技術が搭載されています。
ダイエットプログラムが用意されており、その数はなんと12個。
Bluetooth機能により専用アプリ「Viewfit」との連動が可能なので、スマホでいつでも毎日のトレーニング記録を閲覧・編集できます。

フライホイール式

フライホール式でおすすめのローイングマシンは以下2つのメーカーです。

スターラインジャパン

http://www.starline.co.jp/

スターラインジャパンはボート競技の世界標準トレーニングマシン、ローイングエルゴメーターを販売しています。
多くのアスリートがスターラインジャパンのマシンを使用しており、シドーニーオリンピックでメダルを獲得した中国チームもその一例です。
実力者も評価するスターラインジャパンでおすすめのローイングマシンは「ローエルゴ」です。

https://concept2.jp/erugo/
スターラインジャパンのローイングマシンの特徴
・Bluetoothと接続可能
・オリンピック競技者に合わせた性能

ローエルゴはBluetoothと接続できるため、コーチングがつくトレーニングプログラム、バーチャルレースといった30のトレーニングプログラムに取り組めます。
加えて、性能はオリンピック競技者に合わせスムーズに動作ができるよう設計されています。

Emu-One(エミュワン)

https://www.emu-one.jp/

フィットネスマシン、アウトドア商品の販売を行っている会社がEmu-Oneです。
四輪腹筋アブローラーなど世界で流行しているトレーニングマシンを販売するなど、流行に強いことが特徴です。
Emu-Oneでおすすめのローイングマシンは「Emu-Rower」です。

https://www.emu-one.jp/products/%E8%87%AA%E5%AE%85%E3%81%A7%E5%85%A8%E8%BA%AB%E3%82%92%E9%8D%9B%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-emu-rower
Emu-One(エミュワン)のローイングマシンの特徴
・3秒で収納することができる
・静音性に優れている

Emu-Rowerは収納しやすい折り畳み式かつシンプルな構造となっているため、簡単に収納することができます。
また、静音性のも優れておりその数値は30db。
ささやき声と同程度の音量とされており、近隣を気にせずトレーニングに取り組めます。

水圧式

最後に水圧式でおすすめのローイングマシンを紹介します。

LEADING EDGE(リーディングエッジ)

https://leadingedge-jp.com/

LEADING EDGEは本格ジムを作りたい方に向けてホームジム専用マシンを販売しているメーカーです。
楽天市場やAmazonでも商品を出品しており、その商品の多くが上位表示されています。
各ECモールで人気のLEADING EDGEでおすすめのローイングマシンが「LE-WR200 BK」です。

https://item.rakuten.co.jp/esports/9726510090001/
Emu-Oneのローイングマシンの特徴
・折りたたみ可能
・多機能な大型モニター搭載

LE-WR200 BKのサイズは全長200cm×幅56cm×高さ85cmと大型でありながら、折り畳むことが可能です。
機能もコンピューターと対戦ができるなど、豊富に用意されています。
自宅でも楽しみながらトレーニングをすることができます。

中旺ヘルス

http://jp-chuoh.com/item01/item01_cat/rawing

中旺ヘルスは健康器具を販売している会社です。
子供用から介護用まで幅広くマシンを取り揃えています。
中旺ヘルスでおすすめのローイングマシンは「水流ローイング・ビートル」です。

http://jp-chuoh.com/item01/3421.html
中旺ヘルスのローイングマシンの特徴
・お年寄りも扱いやすい
・心拍数もわかるコントロールパネル付き

水流ローイング・ビートルは後ろから見た姿がカブトムシに似ていることから命名されました。
シートの高さは48cmと、お年寄りも乗りやすいよう設計されています。
コントロールパネルも付いており、カロリー、運動時間、心拍数がわかります。
心拍数が高いほどダイエットには効果的とされているため、心拍数を参考にしながらトレーニングをすることも1つの方法です。

業務用&ホームジム用でおすすめのジムマシーンは?候補にいれるべき人気メーカーと共に紹介

お得にローイングマシンを利用するならレンタル・中古サイト!

レンタルサイト

マシンをレンタルできるレンタルサイトを利用することでローイングマシンをお得に利用できます。
レンタル期間が決まっていることが多く、レンタル期間が長ければひと月あたりのコストが安くなる仕組みとなっています。
ローイングマシンをレンタルする際に検討するべきレンタルサイトを3つ紹介します。

レンタルプロント

https://www.rentalpronto.net/

レンタルプロントはトレーニングマシン以外にも家庭用品などをレンタルしている総合レンタルサービスです。
トレーニングマシンはパワーラックやトレッドミル、マルチマシンなど全身を鍛えられるものから細かい部位を鍛えられるもの幅広く取り扱っています。
ローイングマシンもホライゾンを取り扱っており、1週間単位で借りられるためお試し感覚でローイングマシンを使いたい人にオススメできるサイトです。

GYM CLOUD(ジムクラウド)

https://gymcloud.jp/

GYM CLOUDは商品数・メーカー取扱数1位と業界でもトップクラスのレンタルサイトです。
最低利用月数は3ヶ月以上ですが、新品のローイングマシンを安く利用できます。
中には3,000円台から利用できるローイングマシンもレンタルすることが可能です。

Recyfit(リサイフィット)

https://recyfit.com/

Recyfitはマシンの在庫数が日本最大級とも言われているレンタルサイトです。
卸先はジムだけでなく学校や企業などさまざま。
また、ローイングマシンが壊れても全国に出張可能なのでいつでもメンテナンスをしてくれます。

中古サイト

中古サイトを利用することでコストを抑えてローイングマシンを購入できます。
また、 時には新品に近い状態で出品されることがあるので随時チェックしておくべきです。
中古サイトの中でもおすすめの3つのサイトを紹介します。

メルカリ

https://about.mercari.com/

メルカリは日本最大級のフリマアプリとも知られ、筋トレマシンも出品されています。
「ローイングマシン」と検索した時に、ローイングマシンで使うようなパワーグリップやベルトが表示されるようになっています。
また、ブランドや大きさ、商品の状態など詳細条件で検索できることもメルカリの特徴です。

ジモティー

https://jmty.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/logo_catch.png

どんなマシンでも、注文してから早く届くほうがいいですよね。
ジモティーは自分の住んでるエリアで中古品の売買をするため、納期が早いです。
ローイングマシンもまた納期が早い上に1,500円から購入可能としている出品者もいます。
時期によっては無料で中古品の受け渡しをしているため、ローイングマシンでなくてもお得に商品を受け取れる中古サイトです。

ヤフオク

hhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.yauction&hl=en_US&gl=US

ヤフオクはオークション制のサイトで、出品者が提示する値段以上の金額を提示しなければいけません。
そのため、納期は長いですが中には1円からマシンを出品している人もいます。
掘り出し物を狙う競合ももちろん多いですが、場合によっては最もコストを抑えられる中古サイトと言っても過言ではありません。

まとめ


本記事ではどのローイングマシンを購入しようか迷っている方に向けて、おすすめのローイングマシンを紹介しました。
また、見るべきポイントを押さえておすすめのローイングマシンを購入する必要があります。
今回紹介した中から自分に合いそうなローイングマシンをホームジムに導入し、理想のトレーニングを行いましょう。

 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • 新着

    【完全マニュアル】パーソナルジムの開業資金や準備するべきもの

    2022.06.29

    • 新着

    【徹底比較】おすすめのオリンピックバーと失敗しない選び方

    2022.06.29

    • 新着

    おすすめのディップススタンド・ディップスバー8選!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別紹介】おすすめのhexバー(ヘックスバー)と選ぶ際のポイント!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別比較】おすすめのフラットベンチと選び方

    2022.06.29