【徹底比較】おすすめのオリンピックバーと失敗しない選び方

オリンピックバーはホームジムに必須と言っても過言ではありません。
ベンチプレスやスクワットをする際に必ず使用するためです。
また、メーカーによってオリンピックバーの特徴は異なり、特徴を知らないままオリンピックバーを購入してしまうと、思ったようなトレーニングができない可能性は十分にあり得ます。
本記事ではオススメのオリンピックバー、選び方、お得に購入できる方法を紹介します。
抑えるべきポイントを抑え、自分にぴったりのオリンピックバーを購入しましょう!

オリンピックバーとは


オリンピックバーは重さ20kg、長さ220cmのシャフトです。
プレートの付け替え1つで、重量を軽くしたり重くしたりできます。
ベンチプレス、パワーラック、デットリフトのBIG3中心のトレーニングをすることができるため、多くのスポーツジムやパーソナルジムで取り入れられています。

バーベルとオリンピックバーの違い

バーベルの中にオリンピックバーは含まれています。
バーベルは「ストレートバー」、「EZバー」、「トライセプションバ」ーの3種類に分かれ、「ストレートバー」の1つにオリンピックバーがあります。
誤って購入しないよう、バーベルとオリンピックバーは違うことを覚えておきましょう。

オススメのバーベル紹介!気になる重さや中古サイトなどお得に購入する方法を解説!

オリンピックバーは2種類から選ぼう!

パワーリフティング用

1つがパワーリフティング用のオリンピックバーです。
パワーリフティング競技での使用を目的に設計されているため、かなり頑丈な作りであることが特徴です。
また、シャフト部分の直径が太く、しなりも少ないため、持ち手が滑りにくくなっています。

ウェイトリフティング用

2つ目がウェイトリフティング用のオリンピックバーです。
シャフト部分が細く、持ち手も握りやすいため、一般の人でも簡単に扱えます。
ウェイトリフティング用のオリンピックバーはスポーツジムで置かれているため、普段スポーツジムでトレーニングしている人は使い慣れていると思います。

オリンピックバーの選び方

長さ・重さ

オリンピックバーを購入する際、長さと重さを確認しましょう。
確認しないと、オリンピックシャフトが組み立てられない、持ち運びに時間が掛かってしまうという問題が起こってしまいます。
通常のオリンピックバーの長さは220cm、重さは20kgとが平均であるため、これを参考にオリンピックバーを購入しましょう。

耐荷重

オリンピックバーは何kgでもプレートをつけられるわけではありません。
耐荷重が決まっており、耐荷重以上でトレーニングを行なってしまうとバーがしなり、オリンピックバーが壊れる原因となります。
耐荷重は200kgであることが一般的ですが、450kgまで耐えられるオリンピックバーも存在します。
高重量を扱いたい人は耐荷重が高いオリンピックバー一択です。

持ち手に滑り止めがついているもの

購入する際は持ち手に滑り止めがついているオリンピックバーを選びましょう。
しっかりと手を握り込めるため、パワーが出やすく重量を扱ったトレーニングができます。
逆に持ち手がついていないと手が滑りやすくフォームが乱れ、怪我をしたり床に落としてしまう危険性が高まります。
トレーニングの充実性、安全性を保証するためにも必ず持ち手がついているものを選びましょう。

錆加工がされているもの

錆加工されているオリンピックバーを選ぶと、汗がついても錆びにくく、安全に長く使用できます。
メーカーのHPに錆加工がされているかの記載があるため、必ずHPで確認しましょう。

プレートがついているもの

オリンピックバーにはプレートが別売りのものがあります。
どのプレートがオリンピックバーに適切か、1つ1つ選ぶのは面倒ですよね。
そのため、元々何個もプレートがついているオリンピックバーを選ぶのはもちろん、なるべくプレート数が多くつけられるオリンピックバーを選ぶようにしましょう。

【メーカー別】ホームジムにおすすめのオリンピックバー8選

ウェイトリフティング用

まずはウェイトリフティング用でオススメのオリンピックバーを紹介します。

IVANKO(イヴァンコ)

https://jp.linkedin.com/company/ivanko-barbell-company

株式会社THINKフィットネスが運営しているブランドがIVANKOです。
フリーウェイトを中心に取り扱っており、ハーフラック、パワーラックなどは各ECサイトでも上位表示されています。
筋トレYouTuberのd-sun氏(ディーサン)も「IVANKOの商品は本当に良い」と太鼓判を押しています。
そんなIVANKOでオススメのオリンピックバーは「IVANKO(イヴァンコ) OT-20 スタンダードオリンピックバー09|」です。

https://www.fitnessshop.jp/products/detail.php?product_id=260
IVANKOおすすめのオリンピックバーの特徴
・使用している鉄やコーティングは世界レベル
・耐荷重は450kg

元々、強度が強いとされているIVANKOですが、従来のオリンピックバーよりも30%強度が増したとされています。
使用する鉄、コーティング方法が世界基準に達しており、ホームジムでも安全にトレーニングすることができます。

ZAOBA(ザオバ)

https://zaoba.co.jp/

ZAOBAはウェイトリフティングを専門とする競技者の中では知らない人もいないほど有名のメーカーです。
パワーラックやオリンピックバーベルは国際パワーリフティング連盟から公式認定されています。
品質の高さ、扱いやすさ、どれをとってもトップクラスの筋トレマシンを販売しています。
ZAOBAでオススメのオリンピックバーベルは「Ceramic Shaft」です。

https://zaoba.co.jp/bull/free-weight/115/
ZAOBAおすすめのオリンピックバーの特徴
・使いやすさ・安定性・高強度は一級品
・耐荷重は500kg

握った感触や質感にこだわっているため、指が持ち手に引っかかりやすく効率的にトレーニングをすることができます。
使いやすさ・安定性・高強度の三拍子に優れており、競技者ではない一般トレーニーにもおすすめできるオリンピックバーベルです。

ELEIKO(エレイコ)

https://www.thaipowerliftingfederation.com/eleiko/

ELEIKOは多くの国際大会でも使用されたことのある老舗マシンメーカーです。
大会に使用された回数はなんと1,000回越え。
その実績が認められ、国際パワーリフティング連盟公認サプライヤーとされ、中でも最重要レベルの大会における唯一のサプライヤーに選ばれています。
世界でも人気のELEIKOでオススメのオリンピックバーベルは「ELEIKO エレイコ パワーリフティングコンペティションバー」です。

https://bukiya.net/shopdetail/000000000256/
ELEIKOおすすめのオリンピックバーの特徴
・国際パワーリフティング最重要サプライヤー
・耐荷重は1,500kg

今までのオリンピックバーと違い、耐荷重は脅威の1,500kg。
パワーリフティング用としても利用されるほど耐荷重に優れています。
グリップも握りやすいよう設計されているため、パワーリフティングの大会に出ようか迷っている人にオススメできる逸品です。

iROTEC(アイロテック)

https://www.super-sports.jp/

iROTECは「世界と戦える強靭な精神と肉体の創造を目指す」ということを理念とする株式会社スポーツカンパニーが運営しているブランドです。
コストパフォーマンスの良さが評判で、ホームジムに限らずスポーツジムやパーソナルジムでも導入されています。
iROTECでオススメのオリンピックバーベルは「オリンピック用 バーベルシャフト700(ベアリングタイプ) 高重量タイプ 径50mm /iROTEC(アイロテック)」です。

https://www.super-sports.jp/shopdetail/000000000408/
iROTECおすすめのオリンピックバーの特徴
・スポーツジムやパーソナルジムでも導入!
・耐荷重は確認できなかったため、メーカーへ直接お問合せください。

色はシルバー1色で、グリップ部分はローレット加工仕上げで握りやすくなっています。
スポーツジムで扱っているオリンピックバーに最も近い形状であるため、普段からスポーツジムでオリンピックバーを使ってトレーニングしている人にピッタリです。

パワーリフティング用

続いてパワーリフティング用でオススメのオリンピックバーを紹介します。

GYMWAY(ジムウェイ)

https://www.mbcpower.jp/hpgen/HPB/entries/55.html

GYMWAYは台湾を拠点とするフリーウェイト機器専門メーカーです。
30年以上製造歴があり、アジアを中心に名を馳せています。
また、最高品質の台湾の高級鋼を使用しており、数多くの発明賞を受賞するなど耐久性・デザイン性に優れています。
各諸国でも使用されているGYMWAYでオススメのオリンピックバーベルは「GYMWAY(ジムウェイ)ウェイトリフティング コンペティションバー」です。

https://www.mbcpower.jp/SHOP/GWCB.html
GYMWAYおすすめのオリンピックバーの特徴
・台湾の高級鋼を使用し、発明賞を受賞!
・耐荷重は680kg

最高の品質基準を保証する為に徹底したテストと検査が実施されているため、商品の持ちの良さはお墨付きです。
また、シャフトに合金鋼が使用されており、錆びにくく光沢が持続しやすいことも特徴です。
長くオリンピックバーを愛用したいという人は検討する価値があると言えるでしょう。

ROGUE FITNESS(ローグフィットネス)

https://www.mbcpower.jp/SHOP/262042/list.html

近年北米を中心に爆発的に普及している今話題の筋トレメーカーがROGUE FITNESSです。
国際パワーリフティング連盟の公認で、品質、扱いやすさ、信頼性の三拍子が揃っています。
ROGUE FITNESSでオススメのオリンピックバーベルは「ROGUE(ローグ)オペレーターバー3.0 グレー迷彩」です。

https://www.mbcpower.jp/SHOP/ROBGC.html
ROGUE FITNESSおすすめのオリンピックバーの特徴
・長期保証付き!
・耐荷重は確認できなかったのでメーカーへ直接お問合せください。

極めて高い耐摩耗性と耐腐食性を持つセラミックコーティングが施されており、多くのパワーリフターから人気を集めています。
また、嬉しい長期保証付きであるため、壊れても安心の環境に身を置きたい人にROGUE FITNESSのオリンピックバーベルはオススメです。

アメリカンバーベル

https://strengthasia.com/collections/american-barbell

アメリカンバーベルはパワーリフターなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
競技用のマシンメーカーとして、日本のみならず世界中でダンベル、バーベル、ラックなどのフリーウェイトを中心に提供しています。
世界的に有名なアメリカンバーベルでオススメのオリンピックバーベルは「American Barbell アメリカンバーベル エントリートレーニングバー 20KG バーベル シャフト バーベルシャフト オリンピックバー OB20-NT」です。

https://www.amazon.co.jp/American-Barbell-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BC-OB20-NT/dp/B085LYCJ5S
アメリカンバーベルでおすすめのオリンピックバーの特徴
・床に落としても傷がつきにくい設計!
・耐荷重は確認できなかったのでメーカーへ直接お問合せください。

しなり耐性が強いオリンピックバーベルでも、年月が経つにつれしなりは弱くなりますが、アメリカンバーベルのオリンピックバーはシャフトには硬質クロムを使用しているため、経年劣化しにくいことが特徴です。
また、精密加工が施されたスリーブは硬質クロムでコーティングされており、重量に耐えきれず落としてしまっても怪我や事故につながりにくくなっています。

ONI(オニ)

https://www.satoumi-shima.jp/p/oninetoni-gym-24.html

ONIは筋トレマシンの他にも、リストラップやタオル、Tシャツなど幅広くトレーニング用品を販売しています。
それぞれ多くの色を用意しているため、自分好みの色が見つかりやすくなっています。
ONIでオススメのオリンピックマシンが「ONI パワーリフティングバー オリンピックシャフト ハードクローム セラミックコーティング オールステンレス」です。

https://bukiya.net/shopdetail/000000000273/
ONIおすすめのオリンピックバーの特徴
・高品質でありながらお財布に優しい!
・耐荷重は500kg!

パワーリフティング公式大会で使われるバーベルと同等のスペックでありながら、コストを抑えて購入できることが特徴です。
そのコストの良さから、民間のジム、体育館、介護施設、警察、消防等でも導入されています。
オリンピックバーを購入するならできるだけ安く買いたい人にピッタリです。

業務用&ホームジム用でおすすめのジムマシーンは?候補にいれるべき人気メーカーと共に紹介

オリンピックバーを安く購入できるおすすめ中古サイト

メルカリ

https://about.mercari.com/

メルカリは誰もが知るフリマアプリです。
出品者、購入者の手続きが非常に簡単であり、値下げ交渉などもすることができます。
筋トレマシンも豊富にあり、iROTECやTUFF STUFFのオリンピックバーベルも出品されています。
またブランドごとで検索可能であるため、「ホームジムはこのブランドで統一したい!」と考える人はメルカリを使いましょう。

ヤフオク!

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.yauction&hl=en_US&gl=US

ヤフオクはその名の通り、オークションサイトで利用人数も多いことから日本最大級と言われています。
メルカリとの違いはコストの安さ
時には新品の半額、もしくはそれ以外の値段でオリンピックバーが販売されています。
中には商品状態がわからないオリンピックバーもありますが、とにかくコストを抑えたい人は利用する価値があると言えるでしょう。

ジモティー

https://jmty.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/logo_catch.png

ジモティーはチャットで完結する中古サイトです。
自分の近くの住所から出品者を検索できるため、他の中古サイトと比べ納期が早いことが特徴です。
注文してからすぐトレーニングをしたい人にうってつけの中古サイトです。

楽天市場

https://www.rakuten.co.jp/

楽天市場はAmazonと並んで日本で最も使用されているECモールの1つです。
知らない人も多いかもしれませんが、実は楽天市場は中古品も販売しているのです。
販売しているオリンピックバーの個数は多く、その数370件。
また、楽天独自のイベントやセールを定期的に開催し、お得なポイントがつくため、普段の買い物にも生かしたい人に楽天市場はオススメです。

ダンベル商店

https://damberu.base.shop//

ダンベル商店は名前の通り、ダンベルを中心に販売しています。
ダンベル、バーベル、パワーラック、ハーフラックなどフリーウェイト中心に取り扱っていますが、中にはヘックスバーなどメーカーでも販売していないような貴重な筋トレマシンも販売しています。
オリンピックバーと合わせて珍しい筋トレマシンを購入したい人はHPを訪れて見ましょう。

まとめ

本記事ではオリンピックバーについて解説していきました。
オリンピックバーはパワーラックはハーフラックを使う際に必須ですが、メーカーによって扱える重量や握りやすさが異なります。
本記事で紹介したポイントを抑えて、自分にぴったりのオリンピックバーを購入し理想のホームジムライフを過ごしましょう。

ホームジムにハーフラックはおすすめ?中古サイトなどお得に買う方法も紹介!

ホームジムにパワーラックはオススメ?お得に買う方法や実際に使った人のレビューを紹介!

 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • 新着

    【完全マニュアル】パーソナルジムの開業資金や準備するべきもの

    2022.06.29

    • 新着

    おすすめのディップススタンド・ディップスバー8選!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別紹介】おすすめのhexバー(ヘックスバー)と選ぶ際のポイント!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別比較】おすすめのフラットベンチと選び方

    2022.06.29

    • 新着

    おすすめのレッグエクステンションマシンと選ぶ際のポイント

    2022.06.29