ホームジムにハーフラックはおすすめ?中古サイトなどお得に買う方法も紹介!

ホームジムを作りたいもののスペースがなく大型の筋トレマシンを置くことができない…
このような悩みを解決するおすすめの筋トレマシンがハーフラックです。
ホームジムにハーフラックを置くことでスペースを取らずにスポーツジムさながらのトレーニングを自宅で行えます。
そこで本記事ではハーフラックを購入しようとしている人に向けておすすめのハーフラックや人気のメーカー、コストを抑えて購入する方法を紹介します。
本記事を読むことで自分に適したハーフラックを見つけられます。

ハーフラックとは?パワーラックとの違いを解説

ハーフラックとは筋トレマシンの中でも大型のマシンに分類される筋トレマシンのことを指します。
バーベルを用いてフリーウェイトのトレーニングをすることができ、プレートの着脱をするだけで簡単に重量を変更できる優れものです。
また、胸のトレーニングであればベンチプレス、下半身のトレーニングであればスクワットなど、ハーフラック1つあれば複数部位のトレーニングをすることが可能です。
パワーラックと混同されることが多いため、違いを踏まえながらハーフラックを解説していきます。

支柱の数

パワーラックの支柱が4本あるのに対して、ハーフラックの支柱は後方に2本あるのみです。
懸垂やディップスなどハーフラックにぶら下がる場合は揺れる可能性があるので注意が必要です。

セーフティーバーの長さ

ハーフラックのセーフティーバーの長さは短いことが特徴です。
セーフティーバーがつながっているパワーラックは、バーベルが落ちても問題ないですが、ハーフラックはセーフティーバーは繋がっていないためバーベルを受け止められない可能性があります。
バーベルをうっかり離して怪我をしないよう、デットリフトなどセーフティーバーから離れてトレーニングをする際は細心の注意を払うべきです。

大きさ

ハーフラックはパワーラックよりも小さめのサイズです。
横173cmx奥170cmx高さ226cmの大きさをもつパワーラックに対して、ハーフラックは横173cmx奥150cmx高さ233cmと全体的に大きさを抑えられます。
ハーフラックを導入することで部屋のスペースに余裕を持てるため、導入できるマシンの選択肢の幅が広がります。
トレーニングできるスペースを多く確保できないトレーニーはハーフラックを購入しましょう。

ホームジムを作るならハーフラックはオススメ!

パワーラックと比べてコストを抑えられる!

ハーフラックはパワーラックよりもコストを抑えられます。
パワーラックの平均相場が10万円前後(税込)なのに対しハーフラックの平均相場は7万円前後(税込)となっています。
パワーラックは支柱の数やセーフティーバーなどの安全性に優れているため、必然とコストも高くなります。
なるべくコストを抑えてホームジムを作ろうと考えているトレーニーはハーフラックを、より安全性を重視したい方はパワーラックを購入しましょう。

自宅のトレーニングメニューが劇的に増える!

ハーフラックはホームジムでのトレーニングのバリエーションを格段に増やします。
BIG3と呼ばれるスクワット・ベンチプレス・デッドリフトはもちろん、バーベルショルダープレスやバーベルアームカールといった肩や腕のなど細かい部位のトレーニングをすることが可能です。
ホームジムでもスポーツジム並みのトレーニングをしたいと考えているトレーニーにハーフラックはピッタリです。

好きなように重量を調整できる

ハーフラックは自由に重量を変更できることも魅力の1つです。
ダンベルなどの筋トレマシンは重量が決まっているため、重量を変えたい場合はダンベルごとに変える必要がありますがハーフラックはプレートの取り外しだけで重量を簡単に調整できます。
また、低重量、中重量、高重量と筋肉に与える刺激を自分で変えられることもハーフラックを導入するメリットです。

自宅にピッタリ!ハーフラックのオススメメーカー


ハーフラックのおすすめメーカーを紹介します。
金額はメーカーによって異なるので、HPを必ず参考にしてハーフラックを購入するようにしましょう。

WASAI

https://www.wasaico.jp/blank-9
WASAI(ワサイ)の特徴

・平均相場より安く購入できる!
・コストを抑えたい人にオススメのメーカー!

WASAIはぶら下がり健康器を中心にトレーニング器具を販売しているメーカーです。
ハーフラックなどの筋トレマシンが平均相場より安く購入できると、多くのホームジムから人気を集めています。
WASAIでおすすめのハーフラックが「WASAI(ワサイ)MK780」。
サイズは幅124cm×奥100cm×高さ209cmとなっています。

https://item.rakuten.co.jp/wasai/mk780/

武器屋

https://bukiya.net/
武器屋の特徴

・多くのジムが高品質さを評価し導入している

・ウェイトトレーニングと自重トレーニングの両方をやろうとしている人にオススメ!

武器屋は鬼ブランドを取り扱っているメーカーです。
その特徴はなんと言っても高品質であること。
多くのスポーツジムやパーソナルジムがその品質を評価し武器屋の筋トレマシーンを導入しています。
高品質がウリの武器屋でおすすめのハーフラックが「ONI 鬼 ハーフラック」です。
サイズは幅120cm×奥192cm×高さ200cmとかなり大きめとなっており懸垂もできるような耐荷重となっています。

https://bukiya.net/shop/image_view.html?image=000000000540

POWERTEC(パワーテック)

https://item.rakuten.co.jp/goldsgym/powertec-wbls//
POWERTEC(パワーテック)の特徴

・楽天やAmazonで人気のメーカー

・低重量から高重量まで幅広くトレーニングしたい人にオススメ!

業界最大級で、楽天市場やAmazonなどのECサイトで上位表示されているメーカーがPOWERTEC。
取り扱う機器も多くのラインナップがあり、カラーバリエーションが豊富であることが多くのトレーニーから好評を得ています。
ハーフラックのオススメが「ハーフラック WB-HR19」で、サイズは幅127cm×奥91cm×高さ208cmとなっています。

https://item.rakuten.co.jp/goldsgym/6013007018230/

BODYMAKER(ボディメーカー)

https://www.facebook.com/bodymaker.jp/
BODYMAKER(ボディメーカー)の特徴

・日本人の骨格に合わせたメーカー

・ピンポイントで部位を鍛えいたい人にオススメ!

BODYMAKERは日本発祥のメーカーで日本人に適した筋トレマシンを販売していることで人気を集めています。
BODYMAKERの筋トレマシンは特定の部位を狙ってトレーニングできるとされています。
BODYMAKERのおすすめのハーフラックが「ハーフラック TM171BKYE」でサイズは幅122cm×奥137cm×高さ204cmとなっています。
また、ラッドプルダウンやベンチ台が別売りで販売されており、セットだとお得に購入することができるためスペースに余裕がある人はオプションで他の筋トレマシンを購入しましょう。

https://www.bodymaker.jp/shop/default.aspx

業務用&ホームジム用でおすすめのジムマシーンは?候補にいれるべき人気メーカーと共に紹介

効率的にトレーニングするために!ハーフラックを選ぶ際のポイント

耐荷重はどれくらいか

ハーフラックの重量に対して床がどれくらい耐えられるか耐荷重を確認する必要があります。
耐荷重を確認せずトレーニングをしてしまうと、床が凹んでしまうことや最悪の場合床が抜けてしまうといったことも考えられます。
一般的なハーフラックの耐荷重は150-200kgとされており、中には400kgまでの重量なら耐えられるハーフラックも存在します。
耐荷重度が高いほどハーフラックのコストも比例して高くなりますが、筋肥大させるために高重量でトレーニングをしようと考えている人は耐荷重度が高いハーフラックを選びましょう。

部屋に入るスペースはあるか

ハーフラックの高さは2mなど大きめなサイズとなっているため、必ず部屋に入るスペースはあるか確認しましょう。
ハーフラックと部屋のスペースを確認せず購入してしまうと、想像以上にハーフラックが大きく部屋の中で組み立てることが難しいといったケースも存在します。
メーカーにサイズを確認すること、三脚やメジャーを使って部屋のサイズを正確に把握することの2点は必ず行いましょう。

検討しているハーフラックの口コミを参考にする

多くのHPやECサイトでは商品ページに商品の口コミが記載されています。
商品の良い点も悪い点も口コミに書かれているため、商品に対するリアルな意見を知ることができます。
「写真で見るよりがっしりしている」、「梱包が少し残念」などweb上ではわからない情報を入手できるため、商品到着後イメージと違うということが避けられます。
また、口コミを見る際は口コミ数とレビュー点数の2つの軸で見ることがおすすめです。
口コミが多ければ多いほど長年商品を売ってきたという実績、評価が高ければ高いほど多くの購入者から満足されていることを意味しています。
事前に口コミの意見を参考にしてからハーフラックを購入しましょう。

お得にハーフラックを購入する方法

中古サイトを利用する

中古サイトを利用することで新品よりもお得にハーフラックを購入できます。

ジモティー

ジモティーは日本全国各地域ごとに様々な地元情報を掲載するサイトです。
地元密着型のサービスのため家の近くで直接取引をすることができ、一切手数料がかからないことでも人気を集めています。
ハーフラックの販売価格は4,000円(税込)で販売している出品者もいれば、235,000円(税込)で販売している出品者もいます。
ただコストを抑えて販売しているハーフラックは組立書がない、傷があるなど訳ありの商品が多くあるため、品質は高くはないこともありえるということを認識しておきましょう。
近所のやりとりでお得にハーフラックを購入しようと考えている人にジモティはおすすめです。

メルカリ

フリマアプリとして知られるメルカリ。
ハーフラックの販売個数は数少ないですが、様々なフィットネス機器が中古品として売られています。
ハーフラックの販売価格は15,000円(税込)や26,100円(税込)など比較的リーズナブルにハーフラックを購入することができます。
ハーフラック以外の筋トレマシンを一括で購入したいという方はメルカリを利用しましょう。

ヤフオク

ヤフオクは1日に2000万件も商品が出品されるほどメジャーなオークションサイトです。
オークション形式を導入しているため、掘り出し物を安く購入することが可能です。
ハーフラックの販売価格は31円(税込)〜16,100円(税込)と、料金を低めに設定している出品者もいます。
出品期限が限られているので、お得に購入するためにも逐一サイトにログインしてハーフラックの料金を確認しましょう。

ECモールイベント時に購入する

楽天スーパーセールやAmazonブラックフライデーは、普段よりお得にハーフラックを購入できるので必ずチェックしておくべきです。
サイトによっては安く購入できるだけでなくポイントも溜められます。
ECサイトに出店している店舗も普段よりも来店数が多いことを見越して、商品の値段やポイントの倍率をお得に設定しています。
年に数回しか開催されないですが、その分の見返りは十分にあるので絶好の機会だと捉えハーフラックを購入しましょう。

ハーフラックの他にも!自宅で筋肥大するなら揃えておきたい筋トレマシン3選!

可変式ダンベル・アジャスタブルベンチ

https://shop.connu.jp/products/4wd-%E5%8F%AF%E5%A4%89%E5%BC%8F%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%83%9A%E3%82%A2-24kg
https://musclearts.s-arts.jp/items/19475541

ダイヤルを回すだけでダンベルの重量を自由に変えられたり、ベンチ台の角度を調整でき流ことが人気の秘訣です。
重量を変えることで20kg10回→15kg10回→10kg10回などのドロップセットなどのトレーニングや、角度を変えることでデクラインベンチプレスなど普段行っているトレーニングとは異なる刺激を筋肉に与えられます。
ホームジムトレーニーとして有名なサイヤマングレートさんもこの2つを導入するなど、多くのホームジムトレーニーがその利便性を高く評価しています。

【換算表あり】ホームジムにおすすめ!通販で人気の可変式ダンベル!

バーベルスタンド

https://m.media-amazon.com/images/I/61yNc8eteNL._AC_SL1500_.jpg

バーベルスタンドはバーベルを扱ってトレーニングをすることができる中型の筋トレマシーンです。
支柱が離れているためハーフラックやパワーラックに比べ安全性の面では劣るものの、部屋のスペースを抑えてトレーニングをすることが可能です。
1つの大きさは横52cm×奥44cm×高さ103cmが一般的で重量も軽く、簡単に持ち運びできるためトレーニングをしていない時は収容しているホームジムトレーニーは多くいます。
ハーフラックよりもスペースを抑えてトレーニングをしようと考えている人はバーベルスタンドを購入しましょう。

アブローラー

https://m.media-amazon.com/images/I/513gKLmjrVL._AC_SX679_.jpg

アブローラーは手軽に腹筋を鍛えることに優れている筋トレマシーンです。
アブローラーは運動初心者から上級者まで幅広いニーズから使用されています。
運動初心者は膝を立てて動作を行う、慣れてきたら立ったまま動作を行うなどレベル感によってトレーニング動作を変えられます。
部屋のスペースを取らずに腹筋を鍛えたいトレーニーにおすすめの器具です。

ピッタリのハーフラックを購入してホームジムを充実させよう!


本記事ではホームジムにハーフラックを検討している人に向けておすすめのハーフラックから人気のメーカーなどを紹介しました。
ハーフラック1つとっても耐荷重やサイズ感などメーカーによって異なります。
各社それぞれの特徴を踏まえ、自分が理想とするホームジムにぴったりのハーフラックを購入し理想のホームジム生活を過ごしましょう。

 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • 新着

    【完全マニュアル】パーソナルジムの開業資金や準備するべきもの

    2022.06.29

    • 新着

    【徹底比較】おすすめのオリンピックバーと失敗しない選び方

    2022.06.29

    • 新着

    おすすめのディップススタンド・ディップスバー8選!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別紹介】おすすめのhexバー(ヘックスバー)と選ぶ際のポイント!

    2022.06.29

    • 新着

    【メーカー別比較】おすすめのフラットベンチと選び方

    2022.06.29