ジム開業者必見!必要なジムマシンの種類と人気メーカーを一気に紹介!

ジム開業において欠かせないものがジムマシンです。
ジムマシンと言っても数多くの種類があるため、どのジムマシンを導入しようか、どういった基準でジムマシンを購入しようか悩んでいる方は多いと思います。
本記事ではジム開業者に向けて必要なジムマシンや人気メーカー、ジムマシンを選ぶ際のポイントを解説します。
ジムに必要なジムマシンを購入し、ジムの開業を成功させましょう。

まずはこれから揃えるべき設置必須のジムマシン・用具

ジムマシン

ジムマシンといっても多くの種類が存在します。
その中でも、パーソナルジムでよく設置されているおすすめのマシンを紹介します。

パワーラック

https://www.ifitness.shop/mg-a47_johnson_matrix

ジムを開業するなら必ず設置しておきたいジムマシンの1つがパワーラック。
自分の身体1つで重量を支えるフリーウェイトのトレーニングをメインに行うことができます。
全身を使ったトレーニングのスクワットから細かい部位のトレーニングのバーベルカールなど幅広い部位をフリーウェイトで行えることが特徴のジムマシンです。
一般的な価格は100,000円前後でサイズは幅130㎝/奥126㎝/高さ205㎝となっています。

スミスマシン

https://item.rakuten.co.jp/shapeshop/10034813/

スミスマシンも人気のジムマシンの1つです。
パワーラックと似たようなトレーニングができますが、軌道が決まっている点がパワーラックとの違いです。
バーベルが上下に動かない設計なので、無駄な動作を防ぎ筋トレ初心者でも狙った部位に効かせられることが特徴です。
価格は150,000円前後と、サイズも幅220㎝/奥137㎝/高さ204㎝となっています。
また、スミスマシンには軌道が垂直と斜めの2種類があります。
トレーニングで期待できる効果もそれぞれ違うので、購入する際は値段やサイズと一緒に軌道の角度も確認するようにしましょう。

総合型マシーン


スポーツジムではあまり見かけませんが総合型マシーンと呼ばれるジムマシンもオススメです。
軌道が決まっているトレーニングと決まっていないフリーウェイトトレーニングの両方できることが特徴のジムマシンです。
トレーニングによって関わる筋肉を1つにするか複数にするかの選択を自由に選べます。
価格は700,000円前後となっており、幅203㎝/奥201㎝/高さ213㎝とサイズも大きい仕様になっています。
総合型マシーン一台あれば、様々なトレーニングを行うことができるので、筋トレマシーンを置くスペースがあまり広くする予定がない場合はこの1台のマシンでも十分でしょう。

可変式ダンベル

https://www.amazon.co.jp/TOP-FILM-%E5%8F%AF%E5%A4%89%E5%BC%8F%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-5%EF%BD%9E26kg/dp/B07QWL3B84?th=1

パーソナルジムで重宝されているマシンの1つが可変式ダンベルです。
ダイヤルやピンを調整するだけで10kgのダンベルを12kgに変更することも20kgのダンベルにも変更することもできる優れものです。
価格は20,000円前後とジムマシンの中ではリーズブナブルに購入することが可能で、サイズも幅42㎝/奥行17cm/高さ16.5㎝と小さく、スペースも取りません。
使用者のトレーニングレベルによって重量を変えられることもオススメのポイントの1つです。

【換算表あり】ホームジムにおすすめ!通販で人気の可変式ダンベル!

アジャスタブルベンチ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/basket-exceed/th-tcac2sp-s.html

角度を自由に変動できるアジャスタブルベンチもおすすめで、普段のトレーニングとは異なる刺激を筋肉に与えることが可能です。
フラットに行うベンチプレスでは胸全体に負荷をかけられますが、アジャスタブルベンチでは角度を30度、-15度に変更でき胸の上部、下部と狙う筋肉を変えられます。
15度ずつ角度を変えられることが一般的で価格は10,000円前後、サイズも幅106cm/奥行30cm/高さ24.5cmとコンパクトなサイズ感となっています。
トレーニングの種類を格段に増やすことができるので、ジムに1台は置いておきたいジムマシンです。

トレーニング用品

ジムマシンだけでなくトレーニング用品もジムの必需品です。

マット

https://image.rakuten.co.jp/auc-r-style/cabinet/image3/10-09-03-02.jpg

トレーニング用品の中でも必ずマットは用意しておくべきです。
マットを使用することで床の耐久度が上がり床にかかる負荷を減らせます。
床の耐久度は180㎏/㎡とされていますが、どのジムも必ずマットを導入し安全性を強化しています。
バラ売りされていることは少なく6枚で4,000円前後、サイズは1枚あたり縦横60cmとなっています。
また、トレーニングで発生する傷の防止、防音効果、滑り止めなど多くの効果をマットはもたらしてくれます。
床の広さで購入するマットの枚数も変わるため、床の広さを確認してからマットを購入するようにしましょう。

フィルムミラー

https://warenaikagami.com/kintore.html

フィルムミラーとは全身を映してくれる鏡のことです。
適切なフォームなのか誤ったフォームなのかフィルムミラーを使って具体的に指導することが可能となります。
価格は大きさによって異なり、横90cm/縦180cmであれば30,000円前後、横120cm/縦180cmであれば100,000円前後となっています。

ホームジムにおすすめの鏡と選び方を紹介!安く購入できる方法も!

ストレッチポール

https://lpn-shop.jp/products/detail/11

ストレッチポールは身体のケアをするのに役立ちます。
ストレッチポールを使うことで、姿勢の改善、肩こり解消、腰痛の予防など多くの効果を期待できます。
価格は6,000円前後で購入することができ、長さ90cmのものがほとんどです。
また、関節の可動域が広がり、スクワットなら深くしゃがみ込めるなど今までよりも強い刺激を筋肉に与えられます。
トレーニングだけではなく身体を柔らかくする取り組みも提供したいと考える人にストレッチポールはオススメです。

トレーニングマット

https://www.supersports.com/ja-jp/xebio/products/A-10783614101

トレーニングメニューによってはトレーニングマットが必要な場合もあります。
バーベルやダンベルを使ったトレーニングだけではなく、体幹トレーニングや腹筋を行う場合はトレーニングマットを敷いてトレーニングを行います。
トレーニングマットを敷くことで汗が床につくことや滑らずにトレーニングを行えます。
価格は4,000円前後となっており、サイズは横61cm/縦183cm/厚さ0.4cmとなっております。

この中から選べば間違いない!ジムにおすすめのマシンメーカー5選!

ZAOBA

https://zaoba.co.jp/
ZAOBAの特徴

・国際パワーリフティング連盟から公式認定!

・1年間の保証期間付き!

ZAOBAは多くのジムの導入実績を持っているマシンメーカーです。
競技者視点でマシンを生産しており、バーベルやハーフラックなどの大型筋トレマシンは国際パワーリフティング連盟から公式認定器具にされるなどその品質が高く評価されています。
安全・堅牢・機能的なマシンの提供を心がけており、「HERO GYM」や「POWERHOUSEGYM」など多くの人気ジムがZAOBAを導入しています。
また、マシンが壊れた際でもすぐに対応できるようにとメンテナンスも請け負っています。
一部の部品が壊れたら新しい部品を郵送してくれる、1年の保証期間がついており保証期間中は無料で修理をしてくれる点が人気を集めています。
オンラインショッピングだけでなくショールームもあるので実際に触ってからジムマシンを購入したい人は足を運んでみましょう。

KONGOU

https://www.kongou-fitness.com/
KONGOUの特徴

・日本人の骨格に適したマシン!

・関節の負担を抑えてトレーニングできる!

KONGOUは日本人に適したジムマシンを販売しているメーカーです。
スポーツジムで使用されているジムマシンのほとんどは欧米向けに作られたものですが、KONGOUは運動力学とアジア人の骨格をもとに緻密に計算し日本人に合うようなマシンを生産しています。
そのため、関節への負担を軽減し通常よりも安全にトレーニングを行えることがKONGOUの特徴です。
また、ジム開業者を手厚くサポートしており、少しでも初期コストを抑えて欲しいという思いから1都3件に住む毎月5名に配送料無料のキャンペーンを行なっています。
コストを抑えてジムマシンを購入しようと考えている人はKONGOUを選びましょう。

TUFF STUFF

https://prophetgym.com/pro/?cat=78
TUFF STUFFの特徴

・最高品質のサービスを提供!

・RIZAPも導入するほど品質は高い!

TUFF STUFFは世界で最も有名なマシンメーカーの1つです。
信頼性・耐久性・機能性、どれをとっても最高品質のサービスを提供しています。
特にパワーラックの評判が高く、あの有名なRIZAPもTUFF STUFFのパワーラックを導入しお客様を指導しています。
パーソナルジムに限らず大手のスポーツジムでもTUFF STUFFのジムマシンを使用しています。
料金は他のメーカーよりも高く設定されていることが特徴です。

LIFEFITNESS

https://www.lifefitness.jp/ja-jp
LIFEFITNESSの特徴

・どのマシンもECサイトで上位にランクイン!

・エニタイムフィットネスでも導入!

LIFEFITNESSは1989年から販売している超老舗ジムメーカーです。
日本に限らず世界でも有名でAmazonや楽天市場など数多くのECサイトで上位のランキングに位置しています。
LIFEFITNESSの中でも有名なブランドがHAMMER STRENGTHで、ジムマシンの中でも最も耐久性が高く、激しいワークアウトにも耐えることができるとされています。
エニタイムフィットネスでも導入されており、筋トレ上級者から初心者まで幅広く使用しています。
どのメーカーを選んでいいか迷っている人は、まずはLIFEFITNESSのジムマシンから検討してみましょう。

MATRIX

https://www.youtube.com/channel/UCk54jtyI1eaQBmJDfoQbonQ?app=desktop
MATRIXの特徴

・デジタルパネルがついた筋トレマシンを販売!

・デザイン性に優れ数多くの賞を受賞!

MATRIXは世界中で高いシェアを誇っているデジタル化に注力しているマシンメーカーです。
トレッドミルに液晶画面を導入をはじめとし、今ではデジタルパネルがついた筋トレマシンを商品化するなど最新デジタルに力を入れています。
その快適さや美しさ、デザイン性が評価され数多くの賞を受賞しています。
ジムマシンの機能はもちろん、高級感や洗練されたジムにしようと考えている人にとってMATRIXはオススメのメーカーと言えるでしょう。

購入してから後悔しないために!ジムマシンを選ぶ4つの基準

安全性の高さを考慮する

ジムマシンを選ぶ際は、まず安全性を見るべきです。
ジムを運営する上でやってはいけないことがマシン不備によるお客様の怪我。
安全性の確認を怠れば思わぬ事故に繋がりかねないので、必ずジムマシンの耐久年数やメンテナンス期間を見るようにしましょう。
また、安全性が高いマシンを選ぶと怪我を避けられることに加えその品質の高さゆえにランニングコストを抑えることも可能です。
メーカーによっては展示会を開いているメーカーもあるので実際に商品を触り、耐久年数やメンテンスはどうなのかなど直接質問するなどして安全性を確認しましょう。

ターゲット層に適したジムマシンを選ぶ

ジムを開業する際は必ず自社がターゲットとしている層に適したジムマシンを購入することがオススメです。
運動初心者がターゲットであれば扱いが簡単なスミスマシン、美意識が高い女性がターゲットであれば美尻を目指せるハックスクワットマシンなどターゲットに適したジムマシンを購入するようにしましょう。
しっかりと市場分析を行いターゲット層に適したマシンが何かを知ることで適切なアプローチをすることが可能です。

種類豊富なトレーニングができるマシンを選ぶ

1部位しかできないジムマシンでなく、1台あれば何種類ものトレーニングができるジムマシンを選ぶようにしましょう。
改善したい部位や鍛えたい部位は顧客によって異なります。
種類豊富なトレーニングができるジムマシンを選ぶことで多くの顧客の要望に応えられる可能性が高まります。
また、一部位しか適応していないマシンばかり導入してしまうとコストはかさみ、置けるスペースも減っていくばかりです。
総合型マシーンやスミスマシン、パワーラックなどの大型のジムマシンをまずは購入し、売り上げが伸びてきたら専門性の高いマシンを購入しましょう。

価格

ジムマシンを購入する上で価格は多くの人が気にするポイントの1つです。
開業する際にかかる費用は、家賃や内装の整備など多岐にわたるため、なるべくコストを抑えてジムマシンを購入しようと考えている人が大多数です。
ジムマシンにかかる費用は100万円が一般的でメーカーによってはセット割りや開業キャンペーンなどを利用するとお得に購入できることがあります。
人数限定であることも多く、お得にジムマシンを揃えるためにも頻繁にメーカーのサイトに訪れるようにしましょう。

ジム開業前に準備しておきたい6つのこと

開業資金の確保

開業資金を確保することから始めましょう。
目指す規模感によって資金は異なりますが、パーソナルジムの場合は500~700万円かかることが一般的です。
開業資金の内訳は内装工事費300万円、ジムマシン代100万円、物件取得費200万円となっています。
また、物件取得費は地方と都心で価格が異なり地方の物件を選ぶことで物件取得費を抑えることが可能です。
都心にジムを開業したいものの資金が足りない人は、金融機関や日本政策金融公庫などで資金を確保するようにしましょう。

物件の選定

開業資金を確保できたら、どの立地にジムを構えるか物件を選定しましょう。
物件を選ぶ要素は多くありますが、床の強度、広さ、防音性、価格の4つで検討することをオススメします。
床の強度、広さ、防音性を確認することで近隣トラブルを避けられ、価格を確認することでひと月あたりどれくらいの売り上げを上げればいいか予測を立てることができます。
ただ、自分好みの物件を1人で探すことは難しいため、ジムに適した物件を紹介する代行業者に依頼することも1つの手段です。
ポイントを抑えた物件を2.3つ候補を出してくれるので、比較しながら理想に近い物件を探すことができます。

税務署へ届出の提出

開業届の提出は義務でもあり、税制上の優遇を受けるために必要な申請なので必ず提出しましょう。
申請書は国税庁のホームページから簡単にダウンロードできます。
記載が誤っていたり、情報が抜けていた場合は再提出する必要があり、住所などの必須項目は正確に記載しなければいけません。
開業後1ヵ月以内に提出しなければならないので、どんなに忙しくとも税務署へ届出は最優先に行いましょう。

決済方法の決定

ジムを開業する前に、決済方法をどうするか決める必要があります。
決済方法の種類が多ければ多いほど、支払いの手段が増えるため顧客が多く集まる可能性は高くなります。
一般的な決済方法は銀行振込、電子マネー、クレジット、分割払いなどが挙げられますが、クレジット払いは必ず入れるようにしましょう。
自動的に決済が完了するため、お客さまが支払いを忘れるという事態を避けることができます。

内装の装飾

ジムの内装を工夫することも重要です。
若い女性がターゲットであるならば、インスタ映えするようなおしゃれな内装に仕上げ、女性が喜ぶジムのイメージにすることで競合との差別化も図れます。
まずはどんなジムにしたいのかコンセプトを決め、イメージに即した内装にすることをオススメします。
高級感を表したいなら黒やシルバーを、爽やかさを表現したいなら人工の芝生を入れて床一面を緑にするなどして通うことが楽しくなるようなジムを目指しましょう。

集客方法の決定

中長期にわたってジムを経営する上で欠かせないのが集客方法。
会員数を増やすことで売り上げも伸びますが、集客がうまくいかず新規会員が増えないことに悩んでいるジムを数多く存在します。
継続的にジムを運営するためにも、比較サイトや広告出稿するなど自社に適した集客をする必要があります。
開業したてのジムはなかなか検索上位に表示されないため、認知獲得のためにも多少のコストをかけてでも比較サイトや広告に力を入れることをオススメします。
色々な集客方法を試し、それぞれ効果検証を行いどの集客が効果が大きいのかPDCAサイクルを回し会員を増やしましょう。

【完全マニュアル】パーソナルジムの開業資金や準備するべきもの

まとめ


本記事ではジムの開業を考えている方に向けて揃えておきたいジムマシンやオススメのメーカーを紹介しました。
また、マシンを購入する際の判断軸を持っていなければ理想とするジムを作ることは難しくなります。
抑えるべきポイントを抑え適したジムマシンを購入し、ジムを開業する準備を進めていきましょう。

 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • 新着

    【完全マニュアル】パーソナルジムの開業資金や準備するべきもの

    2022.06.29

    • 新着

    お得にジム機材を購入するには?中古サイトなどコストを抑える裏技を紹介

    2022.05.11

    • 新着

    業務用&ホームジム用でおすすめのジムマシーンは?候補にいれるべき人気メーカーと共に紹介

    2022.03.28

    • 新着

    【ジム運営者必見】フィットネス機器をメーカー別にランキング7選で紹介!

    2022.03.28