業務用&ホームジム用でおすすめのジムマシーンは?候補にいれるべき人気メーカーと共に紹介

新しくジムを開業する方や、ホームジムを作成したい方へ向けて、導入するべきおすすめのジムマシーンをご紹介します。
候補に入れるべき人気メーカーや、選ぶ際のポイント、お得に買える方法まで解説するのでぜひ参考にしてください。
各マシーンの特徴や、価格を抑えて自分の希望に合うマシーンを見つけましょう!



迷ったらこれを買うべきジムマシーンの紹介!

オススメの筋トレマシーン

ジムマシーンには筋トレマシーンと有酸素マシーンがあります。
まずは、オススメの筋トレマシーンを紹介します。

総合型マシーン 

総合型マシーンは、軌道が決まっているトレーニングと軌道が決まっていないフリーウエイトトレーニングの2種類のトレーニングができます。
特定の筋肉を鍛えたい場合と一度に多くの筋肉を鍛えたい場合の2つのニーズに対応することができます。
非常に多くのトレーニング種目をできることが特徴で、お尻や脚を鍛えたければバーベルスクワット、胸であればケーブルチェストプレスなどを行うことができます。
一般的なスポーツジムではあまり見かけませんが、多くのパーソナルジムではこの総合化型マシーンが設置されています。
金額は700,000円〜と決して安くはないですが、初心者から上級者までレベルに合わせてトレーニングができるので、迷ったらまずは総合型マシーンを検討してみましょう。

総合型マシーンの特徴

・軌道が決まっているトレーニングとフリーウエイトに近いトレーニングができる
・ほぼ全ての筋肉を鍛えることができる
・金額は700,000円〜とジムマシーンの中でも高めの設定
・初心者から上級者まで安全にトレーニングができる

パワーラック 

マシーンの左右にシャフト受けが搭載されており、バーベルが設置できるマシーンがパワーラックです。
主にフリーウエイトと呼ばれる、自分の身体1つで支える動作をできることが特徴のジムマシーンです。
シャフトの位置を簡単に調整できるため、ベンチプレスやバーベルショルダープレスなど幅広くトレーニングをすることができます。
自身の身体1つでバーベルを支えるため怪我のリスクもありますが、重量を扱うトレーニングができる点が多くの筋トレマニアから使われている理由です。
色々な機能が搭載されている総合型マシーンほど豊富なトレーニングはできませんが、その分価格は60,000円〜と抑えられており、ほとんどのスポーツジムで使用されています。
ベンチプレスやデットリフト、スクワットなどのBIG3と言われる筋トレ王道種目を高重量で行いたい上級者向けのジムマシーンです。

パワーラックの特徴

・重量を扱ったフリーウエイトのトレーニングができること
・多くの筋肉を鍛えることができること
・60,000円と比較的リーズナブルに購入できること
・扱いには注意が必要なため、上級者向けのマシーン

スミスマシン 


スミスマシーンはパワーラックと似ていますが、バーベルがマシーンに固定されているので軌道が決まった状態でトレーニング動作を行えるジムマシーンです。
軌道が決まっており、必要な動作しかしないため、安心して筋肉に負荷をかけることができるのが特徴です。
スミスマシーンには2種類あり、バーベルの動作が90度のものと少し斜めに移動するものがあります。
対して差はないように見えますが、角度が違えば狙える部位や筋肉にかかる刺激も変わってきます。
購入してから期待していた動作ができないということを避けるためにも、購入する前に角度の種類を確認する必要があります。
また、パワーラックについているバーベルは20kgですがスミスマシーンのバーベルは7-15kgであることも気をつけなければいけないポイントの1つです。
金額も150,000円と価格は高めですが、安全に行えるという点で多くの方に使用されています。

スミスマシーンの特徴

・軌道が決まっているため、安全にトレーニングができる
・角度が90度のものと斜めのものがある
・パワーラックのバーベルと重さが異なる
・金額は150,000円前後と比較的高めの設定

可変式ダンベル

https://m.media-amazon.com/images/I/81yO97NCs+L._AC_SX679_.jpg
https://m.media-amazon.com/images/I/81X8e1OA43L._AC_SX679_.jpg

自由に重量を変えられる可変式ダンベルもオススメのジムマシーンの1つです。
ダンベルには固定式のダンベルと可変式のダンベルの2種類がありますが、購入するのであれば圧倒的に可変式ダンベルがオススメです。
固定式のダンベルは特定の重量が規定で決まっているため、自由に重量は調整できないですが、可変式ダンベルは1つあれば重量を調整してトレーニングすることが可能です。
重量の調整はピンセット式のものとダイヤルを回す2種類があり、どちらも簡単に重量を変更できるのでホームジムでトレーニングする人やパーソナルジムでよく使用されています。
価格は20,000円〜と固定式のダンベルよりも高めですが、場所が限られた中でトレーニングする人にとってはピッタリのジムマシーンです。

可変式ダンベルの特徴

・自由に重量を変えられる
・ピンセット式とダイヤル式の2種類がある
・20,000円という安さでトレーニングすることができる
・総合型マシーンに比べ場所を取らない

アジャスタブルベンチ

https://m.media-amazon.com/images/I/517y5SBU+0L._AC_SX679_.jpg
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/614WnxWUTUL.__AC_SX300_SY300_QL70_ML2_.jpg

ベンチ台の角度を自由に変えられるアジャスタブルベンチも人気ジムマシーンの1つです。
ダンベルと同じくベンチ台も種類が2つあり、角度を調整することができないフラットベンチと呼ばれるもの、角度の調整が簡単にできるアジャスタブルベンチと呼ばれるものがあります。
アジャスタブルベンチは15度ずつ角度を変えることができるため、ショルダープレスをしたければ90度、ダンベルプレスがしたければ角度を設定しないなど自由度高くトレーニングすることができます。
また、種類によっては折り畳めるものもあるため、普段はしまっておくことが可能です。
フラットベンチよりもコストはかかりますが、10,000円以内で購入できるアジャスタブルベンチもあるため、オススメのジムマシーンの1つです。

アジャスタブルベンチの特徴

・自由に角度を変えられる
・種類によっては折り畳むことも可能
・10,000円という安さで購入できる

オススメの有酸素マシーン

トレッドミル

https://m.media-amazon.com/images/I/8118zwxmKoL._AC_SX679_.jpg

トレッドミルとは室内でジョギングやランニングを行うためのマシーンでランニングマシーンとも呼ばれています。
ボタン一つで簡単に速度や角度を変更することができ、一定の速度で走ることも徐々に強度を高くできるのが特徴です。
レールの上を走りますが、衝撃吸収機能がレールに備わっているため、外で走るよりも足や関節の負担が軽くなります。
また、一時停止ボタンを押せば簡単に動作を止めれるので、運動を始めたばかりの人や足腰のリハビリをする人にオススメの有酸素マシーンです。
価格も30,000円〜と筋トレマシーンに比べて安く購入できるので、人目を気にせず思いっきり走りたい方にぴったりのマシーンです。

トレッドミルの特徴

・簡単に速度や高さを変えられる
・足や関節の負担を軽くできる
・30,000円〜という安さで購入できる

エアロバイク

https://m.media-amazon.com/images/I/61ffWdEDXyL._AC_SX679_.jpg

エアロバイクは自転車を漕ぐような形で行う有酸素運動のため、走る動作を行うトレッドミルよりも運動時間を長く取り組めることができます。
自分で負荷の設定をすることも可能ですが、エアロバイクは漕ぐ時間が長くなるにつれて負荷がかかるように設計されていることが特徴です。
最初は漕ぐのが簡単でも段々とキツくなってくるため、身体に適切な負荷をかけることに優れているため、運動初心者にピッタリのマシーンです。
20,000円〜でも購入でき、設置に多くの面積をとらないことや漕ぎながらテレビを見ることもできるので、家庭でもエアロバイクを導入しやすいことがメリットです。

エアロバイクの特徴

・簡単に負荷を変えられる
・20,000円でトレーニングができる
・テレビを見ながらでも運動可能!

悩んでいる人必見!オススメのメーカー!

どのメーカーで購入するか迷っている方へ向けて、多くの方から選ばれている人気メーカーをご紹介します。

KON GOU

https://www.kongou-fitness.com/

KON GOUは日本人の骨格に合わせてジムマシーンを作っているので、効かせたい部位にピンポイントで効かせられることが特徴の1つです。
スポーツジムに置かれているジムマシーンは欧米のメーカーがほとんどなので欧米人向けに作られていますが、KON GOUはアジア人がデザインを担当しているので日本人でも使いやすいと言われています。
他の大手ジムマシーンメーカーと比べて、ジムマシーンを半額以下で購入できるので、フィットネスジムの中でも特にパーソナルジムで導入されています。
メーカー選びに失敗したくない人はKON GOUをまず検討しましょう。

KON GOUがオススメな人

・ピンポイントで部位に効かせたい人
・コストを抑えて買いたい人

EVOLGEAR

https://evolgear.com/

フィットネス大会のスポンサーを務めているEVOLGEARもオススメのメーカーの1つです。
EVOLGEARの特徴はなんと言っても、圧倒的なコストの安さです。
他社のメーカーが作っているジムマシーンをラベルだけ張り替えて販売するOEMという制度を導入しているため、金額を抑えて購入できます。
また、かなり多くのショールームを展開しているので、実際にジムマシーンを触ってみてから購入できるということもEVOLGEARの強みの1つです。
コストを抑え、商品を使用してから使ってみたい人にEVOLGEARはオススメです。

EVOLGEARがオススメな人

・圧倒的な低価格で買いたい人
・実際に商品を試したい人

LifeFitness

https://www.lifefitness.jp/ja-jp

オススメのジムマシーンを紹介するのであれば、LifeFitnessの存在は欠かせません。
LifeFitnessは世界中で最も多く使用されているメーカーです。
LifeFitnessが展開するブランドの中でも、HAMMER STRENGTHは特に有名でAmazonや楽天市場など、多くのECサイトで上位表示されるほど圧倒的に人気が高いのが特徴です。
圧倒的なブランド力や製品のカラーリングの豊富さが人気で世界で22の国で愛用され店舗数3,000を超えるエニタイムフィットネスはHAMMER STRENGTHのジムマシーンを使用しています。
金額も業界TOPクラスに高いものの、安心してジムマシーンを買いたい人はこぞってLifeFitnessのジムマシーンを購入しています。
耐久性にも優れているため、絶対に失敗したくない!という人はLifeFitness一択です。

LifeFitnessがオススメな人

・ブランドの安心感が欲しい人
・耐久性を重要視している人
・普段通っているスポーツジムのマシーンを使いたい人

ジムマシーンを購入する際のポイント

ブランド

ブランドを重視して得られるメリットはその安心感。
無名のメーカーでジムマシーンを購入するよりも、ある程度有名なメーカーからジムマシーンを購入した方が安心しますよね。
「お客様にジムマシーンを説明する時に、実績あるメーカーの方が安心する」と語るパーソナルジム経営者もいるほどブランドが消費者に与える影響は大きいです。
また、メーカーのほとんどは保証制度が付いているため、万が一商品が故障した際も早急に代品を手配してくれます。
「絶対に失敗したくない」と考えている人は、ブランドでジムマシーンを選ぶようにしましょう。

品質

ブランドと同じくして選ぶ際のポイントとして重要なのが品質です。
品質を重視することでジムマシーンの破損を防ぐことができ、安全にトレーニングできるのが特徴です。
長持ちするマシーンを選ぶと壊れてしまったり、修理が必要というリスクを極力抑えることができます。
安さでジムマシーンを選んでしまうと、すぐ壊れてしまい結局コストがかかってしまうということがよくあります。
せっかくジムマシーンを購入するのであれば、長く使いたいですよね。
ジムマシーンを何回も購入するのを防ぐためにも、品質に優れているジムマシーンかどうかをチェックしましょう。

長さ・高さ・幅

商品を買う前に、ジムマシーンの長さ・高さ・幅は必ず確認しましょう。
パワーラックであれば、奥129×幅127×高210cmの大きさが一般的とされているので、パワーラックを使ったトレーニングができるか、部屋の広さを確認し入るかどうか検討しましょう。
大型のジムマシーンが入らなければ、可変式ダンベルやアジャスタブルベンチなどの大きさを抑えられるジムマシーンを購入するのも1つの手です。

口コミ

ネットショップでジムマシーンを買う際に役立つのが口コミです。
口コミには商品の良い点と懸念点が書かれているため、商品に対する率直な意見を参考にすることができます。
ジムのHPには良い口コミだけ掲載されていることもありますが、楽天市場やAmazonなどのECサイトでは「組み立てに時間がかかった」「正しくマシーンが動かない」など、かなりリアルな声を参考にできるため、商品購入前と後のギャップを埋めることができます。
届いたジムマシーンがイメージと違ったということを避けるためにも、必ず口コミを参考にするようにしましょう。

ジムマシーンと並行して準備しておくべきこと


ジムマシーンを買って、それ以外何もせずにトレーニングをしてしまうと思わぬトラブルにつながってしまうことがあります。
買ってから揉めないためにも、準備しておくべきことが3つあります。

管理会社への許可

ジムマシーンを買って賃貸住宅でトレーニングする場合は、管理会社に許可を取らなければなりません。
許可を取らずにトレーニングを行い傷がついてしまうと、損害賠償の話につながってしまいます。
建物によって床の強度も大きく異なり、木造住宅だと床の強度は180㎏/㎡とされています。
万が一の事故を防ぐため、ホームジムを設置する際には、大家や管理会社に床の強度と重量制限は必ず確認するようにしましょう。

マットの準備

床に傷をつけないためにも、ジムマシーンと一緒にマットは買いましょう。
マットを使うことで安全にトレーニングをすることができますが、使用せずに高重量のトレーニングをしてしまうと、部屋のどこかに傷がついてしまう可能性が高まります。
また、トレーニング中でなくともジムマシーンを部屋の1箇所に集中しておいてしまうと、だんだんと凹んでしまいます。
ジムマシーンを設置したことでついた傷でないにせよ、大家さんとのトラブルにつながりかねないのでジムマシーンを買う際にマットも買う必要があります。
トレーニング環境を最適にするためにもジムマシーンを置く前に、部屋全体にマットを敷き完璧なジム体制を作りましょう。

使用する部屋の大きさ

適切なサイズのジムマシーンを使用するためにも部屋の大きさは必ず把握しておくべきです。
大型のジムマシーンを設置するには最低でも部屋の広さが6畳半は必要とされています。
脚立とメジャーを用い正確な部屋の高さ、長さ、幅を確認しましょう。
ジムマシーンを部屋に運び込むまでの導線、部屋の広さの確認を怠ってしまうと、まず部屋にジムマシーンが入らないということになりかねません。
また、パワーラックなどの大型のマシーンであればレイアウトにも気を配る必要があります。
部屋の端にパワーラックを設置してしまうと、プレートの付け替えをするのにも一苦労するので部屋の真ん中に設置するなど工夫しましょう。

ジムマシーンを安く仕入れるためには?


ジムマシーンを買おうとしている方の中には、できるだけお得にジムマシーンを買おうと考えている人は多いと思います。
そこで、ジムマシーンを安く仕入れるための方法を3つ紹介します。

中古品を買う

安く仕入れることができる1つの方法が中古品を買うことです。
新品のマシーンよりも安全性や見た目は期待できないですが、かなりコストを抑えてマシーンによっては半額以下で購入できるものもあります。
中古品でもいいから、お得にジムマシーンを購入したい人にオススメなのが以下のサイトです。

オススメの中古サイト

・Recyfit
・FLEX
・Adowa
・楽天市場
・ヤフオク
・ヤフオク
・ジモティー

ECサイトのイベント時に買う

日本で有名なAmazonや楽天市場ではユーザーがお得に買えるようにと、年に数回セールイベントを開催しています。
Amazonであれば商品を安く購入できるブラックフライデー、楽天市場であれば商品を安く購入できる+楽天ポイントが貯まる楽天スーパーセールがあります。
セールイベント時にジムマシーンを購入することで、通常より安く購入できる上にポイントを貯めることができます。
年に数回しかないので期間は限られてしまいますが、新品を使えると言ったメリットもあります。
普段からECサイトで購入している人は、多くのポイントを貯められるのでお得に買う候補の1つでしょう。

同じメーカーで一括で買う

同じメーカーでジムマシーンを一括で買うこともお得に購入できる方法の1つです。
メーカーによってはジムマシーンを1つずつ単品で買うよりも、セットで買う方が安いケースがあります。
また、月初めにセールを行う、ジム開業者を応援するために安く販売するメーカーもあるので、ジムマシーンをメーカーごとでバラバラに購入するのではなく同じメーカーで一括で購入することでコストを抑えることが可能です。

まとめ

おすすめのジムマシーンやメーカー、購入するうえでのポイントを解説しました。
並行して準備するものも忘れずに、自分の希望にあう筋トレマシーンを探していきましょう。

 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • 筋トレマシーン

    【ジム機器を購入しようとしているトレーニー必見】オススメのジム機器と選び方

    2022.05.12

    • 筋トレマシーン

    【換算表あり】ホームジムにおすすめ!通販で人気の可変式ダンベル!

    2022.05.11

    • 筋トレマシーン

    お得にジム機材を購入するには?中古サイトなどコストを抑える裏技を紹介

    2022.05.11

    • 筋トレマシーン

    オススメのバーベル紹介!気になる重さや中古サイトなどお得に購入する方法を解説!

    2022.05.02

    • 筋トレマシーン

    自宅ジムを作ってトレーニングしよう!オススメの器具も紹介!

    2022.04.28